連載 しらいちゃんの完璧主義〜パフェを食べながら〜 第5回

こんにちは、しらいです。

この取材をしたのは6月下旬で、梅雨の真っ只中。梅雨は憂鬱であまり好きじゃないという方も多いかもしれませんが、私は駅から事務所までの道で紫陽花を見かけて、テンションが上がりました!(笑)街で見かける花の中では、一番好きな花かもしれません。雨の時期だけ咲いているという儚さもまた良いですよね。

外出自粛期間中のお話を、以前この連載でもさせていただいたのですが、近くに出前やテイクアウトで持って帰れるパフェがなくて、「パフェを食べに行きたいなあ」と思い続ける2ヶ月半でした。少しずつ街に賑わいも戻ってきましたが、まだ完全復活とはいかないですよね。そんなわけで今回は、テイクアウトで食べられるパフェを終わらせてみました。

今日のパフェはNEWoMan新宿に入っている「SALON BAKE&TEA」のもの。以前店舗のカフェでもパフェをいただいたことがあるのですが、お洒落なグラスや盛り付けが印象的でした。店頭のパフェはお腹いっぱい甘いものを楽しめるボリュームなのですが、テイクアウトのパフェはおうちご飯のデザートとしてもぴったりのサイズ感です。

せっかくなので食べ比べてみたく、2種類チョイスしてみました。まずは「パフェ・ア・ラ・マンゴー」。間のベルガモットのジュレが爽やかで、夏にぴったりの色合いですね。たっぷりのマンゴーももちろんですが、フロマージュクリームの下に隠れているサクサクの生姜のクランブルがとっても美味しかったです。「パフェ・オ・フレーズ」もパンナコッタやジュレなど、色んな苺が味わえるパフェで、苺好きにはたまらないですね。こちらのサクサク部分は「シュトロイゼル」というらしいのですが、最後までしっかり食感が楽しめました。私は、パフェのそれぞれの層を混ぜながらいただく派なのですが、今回のパフェのサクサク部分は、他の層と一緒に食べても印象に残る美味しさでした。

だんだん暑くなってきましたが、実は私、結構夏が好きなんです。暑いのは元々苦手なのですが、夏はお祭りや花火大会があって、賑やかになるのが良いですよね。それにつられて、つい毎年浴衣や水着を買ってしまいます。

去年の夏は、涼しげなお写真を撮りたくて、水の中に入って撮影をしたりもしました。撮影で水に潜ったり、浮かんだりして撮っていただくのが好きで、これまでに3回くらいトライしています。でも、全く泳げないんです。泳げるようになりたくて、練習用のコースがあるプールにも行ったのですが、「水とお友達になれたね……」レベルで終了してしまいました。でも、ビート板を使ったら50m泳げるんですよ(笑)

今年は、大きな催しは開催されなさそうなのが残念ですが、せっかくだからお友達とバーベキューをしたり、手持ち花火をしたり、少人数で楽しめる夏ならではのこともやりたいですね。手持ち花火は結構やりたくて、都内でできる場所を探したのですが、花火OKの公園がなかなか少ないのが悩みどころです……。しっとりした線香花火もいいですが、私は豪華に火花が散るような花火の方が好きだったりします。この季節はつい賑やかなものに惹かれてしまいますね。

この連載で、季節ならではのパフェも楽しませていただいていますが、番外編的にかき氷を

終わらせに行ったりもしたいな、なんて思っています。

SALON BAKE&TEA

〒160-0022 東京都新宿区新宿4丁目1−6 NEWoMan 3F

TEL: 03-6380-1790

https://salon.adametrope.com/bake/

営業時間:平日11:00-20:00(LO/19:00)

土日11:00-19:00(LO/18:00)

※営業時間はお店のホームページで最新情報をご確認ください。

パフェ情報

「パフェ・ア・ラ・マンゴー」

「パフェ・オ・フレーズ」

各1,000円(税抜・テイクアウト価格)

[構成・写真/Shibucity inc.]



PROFILE

しらい

2013年より「しらい」として活動を開始。2014年3月より2年間のグループ活動を経て、ブランド・雑誌等へのモデル出演や写真集出版・写真展の開催、トークイベント開催など、モデル・タレントとしてマルチに活動の場を広げる。

2019年5月、再びステージに復帰、ソロアイドル「白羽」名義の音楽プロジェクトをスタート。2020年2月には自身初のフルアルバムとなる「白白」をリリース

※この連載は毎月10日、20日、30日に掲載しております。

tulle(チュール)

ほんの少しのファンタジーと、可愛い大人服♥ 女性向けのファッション雑誌「tulle(チュール)」の公式サイト