お菓子の空箱がアート作品に! 空箱職人はるきるが魅せる、小さくて可愛い ファンタジック・ワールド(第1回/全8回)

第1回

食べおわったらポイ!っと捨ててしまうのが普通の、お菓子の空箱。それを捨てずにはさみを入れて、貼り合わせてアートに変えてしまうマジシャンみたいなアーティストが登場……!その名も「はるきる」さん。彼はまだ大学生で、ちょうど1年ほど前、ひらめて作ってみた空箱作品をTwitterでアップしたところ、あっという間に拡散。その後次々作品をアップして、今やTwitterフォロワー数は40万人越えに。2019年は著書を上梓、いくつも大型の個展を開催、さらにテレビ出演もあり……と、大評判に!そんなはるきるさんに、8回に渡ってインタビューします!

鼻セレブ(Nepia)空箱より作った、はるきる作品


作品を制作中のはるきるさん


ーー2018年9月に空箱職人としてTwitterでデビュー、その後あっという間に人気者になったはるきるさんについて、様々なお話を聞かせていただきたいです!まずは、はるきるさんの子供時代について教えてください。

はるきる 昔から紙工作が好きな子供でして。NHK教育テレビ(現ETV)の『つくってあそぼ』という番組をよく見ていました。園児の時……、4歳くらいかな?

ーーどんなものを作っていましたか?

はるきる 仮面ライダーのベルトとかですね。親に買ってもらえなかったんで。

ーーあら。買ってもらえなかったのが、作ることに繋がって、いい結果を生んだのかもしれませんね。もし買ってもらっていたら、作っていなかったのでしょうか?

はるきる そうか。買ってもらってたら作ってない? どうでしょうね。

ーーおねだりはしたんですか?

はるきる 僕は小さい時から親にねだったりとかは、あまりしない方なので……。そう、そもそも頼んでいなかったのかもしれません。なんでも自分ではさみと紙で作ればいいやって感じだったので。もうとにかく紙をチョキチョキするのが好きだった。そういう子供だったんです。ゾウさんとか、好きな動物のかたちも作っていました。


ーー2018年9月に空箱職人としてTwitterでデビュー、その後あっという間に人気者になったはるきるさんについて、様々なお話を聞かせていただきたいです!まずは、はるきるさんの子供時代について教えてください。

はるきる 昔から紙工作が好きな子供でして。NHK教育テレビ(現ETV)の『つくってあそぼ』という番組をよく見ていました。園児の時……、4歳くらいかな?

ーーどんなものを作っていましたか?

はるきる 仮面ライダーのベルトとかですね。親に買ってもらえなかったんで。

ーーあら。買ってもらえなかったのが、作ることに繋がって、いい結果を生んだのかもしれませんね。もし買ってもらっていたら、作っていなかったのでしょうか?

はるきる そうか。買ってもらってたら作ってない? どうでしょうね。

ーーおねだりはしたんですか?

はるきる 僕は小さい時から親にねだったりとかは、あまりしない方なので……。そう、そもそも頼んでいなかったのかもしれません。なんでも自分ではさみと紙で作ればいいやって感じだったので。もうとにかく紙をチョキチョキするのが好きだった。そういう子供だったんです。ゾウさんとか、好きな動物のかたちも作っていました。

CHOCO PIE(オリオン)の空箱で作った、はるきる作品


ーーなるほど。その頃はどんな紙で作っていたんですか?

はるきる 家にあったチラシとかです。その姿を見て親が色画用紙を買ってきてくれました。

ーー画用紙を得てどう思いましたか?

はるきる 「あ、使いやすい」(笑)。

ーー親には誉められましたか?

はるきる 僕が幼少時代を過ごしたのは、祖父母がやってる昔ながらの八百屋さん兼実家だったんです。そこに来る常連客もおじいちゃん、おばあちゃんだったので、何か作るとまず祖父母とお客さんに見せていたんですよ。「僕が作ったんだよ、見て見て」って。すると皆めちゃめちゃ誉めてくれるんです。大したものは作っていないのに。それで調子に乗ってまた作る、って感じでした。楽しくて。

ーー誉められて伸びたんですね。評価が低かったことはなかったんですか?

はるきる 全くなかったです。お年寄りは子供のやることに、めちゃめちゃ甘いんですよ(笑)。僕、本当に調子に乗っていました。

THE Chocolate(明治製菓)の空箱で作った、はるきる作品


ーーその頃の将来の夢は何でしたか?

はるきる うーん。玩具屋さんになる、って言ってたかもしれないです。

ーー幼い頃からひたすら切り紙細工が好きだった、はるきるさん!次回は、どうやって大好きな紙細工をお仕事にすることができたのかを伺います!

CHIVAS REGALの空箱で作った、はるきる作品



空箱職人「はるきる」プロフィール

1997年生まれ。

神戶芸術工科大学アート・クラフト学科在籍。 2017年、「明治ザ・チョコレート」の箱でロボットを作ったのをきっかけに空箱工作を始め、作品を Twitterで発信。そのクオリティーの高さが毎回話題となり、テレビでも多数取り上げられている。 現在は新作を制作しながら、企業とのコラボレーションも行なっている。 7月には自身初の書籍「お菓子の箱だけで作る空箱工作」(ワニブックス社)を発刊。 Twitterアカウント(@02ESyRaez4VhR2l)

文/鈴木真理子

写真/mina

tulle(チュール)

ほんの少しのファンタジーと、可愛い大人服♥ 女性向けのファッション雑誌「tulle(チュール)」の公式サイト